ブログが
はじまりました!!

ファース工法》》》




  茅葺き屋根の思想を住宅の性能として生かすために、床下にファースシリカ(シリカゲルを改良して調湿と空気清浄を行なう)を敷き込み、家屋内での生活水を大量にため、常に「水分管理」を行ないます。
 天井裏のサイクルファンは、構造体の中を新鮮空気と調湿洗浄された空気で家中に循環しているため、構造木材の含水量を一定に維持し、さらに冬は窓から入った太陽熱を家の中に均一に取り込んで蓄熱し、暖房に大きく貢献します。
 また、夏場は太陽高度が高くなるため、その角度を利用して日射熱を遮蔽し、冷房貢献いたします。
 専用冷房器は、天井裏を均一に冷やして二階は天井からの輻射冷房、一階はサイクルファンで床、壁からの輻射冷房でマイルドな冷房空間が出来ます。