ブログが
はじまりました!!

長期優良住宅》》》




『つくっては壊す』から『長持ちさせる』時代へ!
 
 「長期優良住宅」について、その建築及び維持保全に関する計画「長期優良住宅建築等計画」を認定する制度の創設を柱とする「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月に公布され、平成21年6月4日に施行されました。
 新築住宅をお考えの方は、長期優良住宅をご検討されてはいかがでしょうか!
 この長期優良住宅仕様で最もハードルが高いのが、性能評価での耐震等級・劣化対策等級(長期間の大規模改修無し)・温熱環境等級です。
 通常建てられている住宅の多くは、長期優良住宅基準に適合させるためには大幅な仕様変更が伴います。
 弊社が自信をもってお勧めするファースの家は、元々温熱環境性能に特化しておりますので、ファースの家はほぼ標準仕様です!

長期にわたり有効な状態で使用するための借置が講じられた住宅(長期優良住宅)の普及を
促進することで、環境負荷の低減を図りつつ、良質な住宅ストックを将来世代に継承するこ
で、より豊かでやさしい暮らしへの転換を図る。
長期優良住宅は、さまざまな税制特例を受けることができます 。
一般住宅
認定長期優良住宅
居住
開始年
控除対象
限度額
控除率 控除
期間
最大
控除額
H21 5000万円 1.0% 10年間 500万円
H22 5000万円 500万円
H23 4000万円 400万円
H24 3000万円 300万円
H25 2000万円 200万円
居住
開始年
控除対象
限度額
控除率 控除
期間
最大
控除額
H21 5000万円 1.2% 10年間 600万円
H22 5000万円 600万円
H23 5000万円 400万円
H24 4000万円 300万円
H25 3000万円 200万円





────────────

 @保存登記          1.5/1000
 A移転登記          3.0/1000
 B抵当権設定登記     1.0/10000
1,200万円控除
【戸建】1〜3年目 1/2軽減
【マンション】 1〜5年目 1/2軽減
標準的な性能強化費用相当額(上限
1000万円)の10%相当額を、その年の
所得税額から控除
 @保存登記          1.0/1000
 A移転登記          1.0/1000
 B抵当権設定登記     1.0/10000
1,300万円控除
【戸建】1〜5年目 1/2軽減
【マンション】 1〜7年目 1/2軽減